推し!

【失敗しない禁煙方法】喫煙歴10年の私が一発成功した”禁煙7つのコツ”教えます!

【禁煙7つのコツ】禁煙したいあなたに、成功の為の行動・マインドを実体験を元にお伝えします

チルアウトブログへようこそ、チルです。

2020年4月1日より、改正健康増進法と受動喫煙防止条例が全面施行となりましたね!喫煙者の方々は肩身の狭い思いをしていることでしょう。元喫煙者なのでお気持ちお察しいたします<(_ _)>

しかし!これはチャンスです!正直このタイミングで「禁煙」が頭をよぎったのであれば、今止めることを強くおすすめします!

この記事を読んでいるということは、少なからず禁煙を検討中ですよね?ただ、おそらく「禁煙の仕方がわからない…」「失敗したくない…」「お金はかけたくない…」といった方が多いと思います。

今回はそんな悩める喫煙者の方々の為に、20~30歳の10年間タバコを吸っていた、いわばベテランスモーカーだった自分が、一発で禁煙できたコツをお伝えします。ぜひ参考にしてみてください。

大前提

今回ご紹介するのは、極力お金をかけずに、環境や意識を変えることで禁煙を成功させるコツです。何か特別なアイテムや特殊な方法をお伝えするわけではありません。誰にでもできる方法です。

また近年、禁煙外来などが主流になっているようですが、個人的に禁煙に病院は必要ないのではないかと思っています(決して否定しているわけではないですよ!)。特別な知識も必要ありません。大事なのはちょっとした工夫です。それでは早速いってみましょう!

コツ(1):宣言しない

「明日から禁煙します!」とか急に宣言する人結構いると思いますが、これあんまり意味ない気がしています、、、。

おそらく宣言して満足してしまう方が多いです。破ること前提で宣言している可能性すらありますよね。あと、宣言してもそれを破った場合のリスクがないので、負け癖ならぬ、破り癖がついてしまうと思います。

宣言するくらいだったら、今すぐ持っているタバコを捨てるほうが効果あるかもしれません。

チル
チル
やるやる詐欺になっちゃいますよ~

コツ(2):禁煙に大それた理由はいらいない(つくらない)

「子どもができたらやめる」とか言いますけど、これってある意味やめなきゃいけないからやめるってことですよね?

それではダメです。

結局自分の意志で禁煙していることが大事だと思います。「やるな!」と言われるとやりたくなってしまうのと一緒で、強制力が働くと“我慢”になり、後々辛くなります。

「そうだ、京都行こう」的なノリで、なんとなく「そうだ、禁煙してみよう」でいいと思います。気張らないほうがいいです。マジで。実際に自分の禁煙のきっかけは、兄が禁煙すると言ったからで、その流れに乗っかってみただけです。

コツ(3):人を巻き込む

繰り返しになりますが、自分のやめるきっかけは兄です。このように誰かと同じタイミングで禁煙することは効果があると思います。できれば、頻繁に顔を合わせる人がいいでしょう。

理由は、お互いに監視してうんぬんとかではなく、禁煙を一緒に頑張っている同志感がでるからです。お互いに「あいつが続いているから俺も続けよう」といった具合になります。禁煙したい同志を捕まえましょう!

コツ(4):吸わない人と一緒にいる

これは難しいかもしれないですが、できる限りタバコを吸わない人と一緒にいるのがいいです。自分の友人は喫煙者があまりいなかったんです。そのおかげでタバコを意識することが少なかったんです。

喫煙者が周りにいると「タバコ吸い行こうよ」という悪魔の誘惑があるので要注意です。誘われたら「NO」という勇気を持ちましょう。もしくは「実はタバコ辞めたんだんだよね」と言ってしまって誘われない状況を作るのはアリです。「禁煙中なんだ」は前述した宣言とほぼ同じなのでNGです。”タバコ辞めた人”になることで誘われなくなります。ちなみに自分は誘われた時こう言ってました。

コツ(5):最初は代替品を使う

禁煙開始後、1~2カ月くらいはやっぱり口さみしいんですよね~。そんなときは代替品に頼りましょう!

自分は「VITAFUL(ビタフル)」を使っていました。これは形がタバコに近く、水蒸気でビタミンを接種できるものです。ニコチンも無しです!(割とすぐ壊れてしまったので、そのタイミングで卒業しましたが)使い捨てのタイプもあるみたいです。

自分はタバコに近いものにしましたが、正直なんでもいいと思います。アメやガムをひたすら食べるという手もありますが、糖分のとりすぎが気になるので、おすすめはしません。自分に合ったものを見つけてみてください。

VITAFUL(ビタフル) | Chillout Blog
【VITAFUL(ビタフル)】とは?禁煙できる電子たばこ? 更新日:2020年2月3日 公開日:2019年9月24日 VITAFUL(ビタフル)は国内製造の有害物質フリーな電子たば...

コツ(6):全部をニコチン切れのせいにしない

もちろん、前提として喫煙者はニコチン依存ではあるので、禁煙による離脱症状(禁断症状)は少なからず出ます。ただし、それらを全てニコチン切れに結び付けるのはよくないです。

禁煙を始めた人は大抵、イライラやソワソワ感、眠気、倦怠感をニコチンが切れたせいにしがちです。そうなってしまうのは、禁煙で起こる症状をネットで調べ知っているからです。だから、タバコを吸ってニコチンを摂取したら全て解決できる気がするんですね。

でも、この考え方は間違っているのでは?と思い、「イライラ、眠気、倦怠感にニコチンは一切関係ない!」という意識で生活することにしました。

チル
チル
だって、タバコ吸わなくても、眠たくもなればイライラもする!

この意識の違いは、意外に大切だと思います。タバコのことを考えないようにする訓練にもなるので是非覚えておいてください!

コツ(7):習慣であることを自覚する

意識していない方も多いと思いますが、個人的にはこう思っています。ズバリ!「タバコを吸いたい」から吸うのではなく、習慣になっているから吸う。

おそらく“吸わないと落ち着かない気がする”もしくは“吸うことで気持ちを切り替えられる気がする”だけなんだと思うんです。

皆さん、だいたい次のようなタイミングでタバコを吸っていませんか?(喫煙者あるある)

・起床後すぐ
・食後
・仕事(作業)がひと段落した時
・焦ってテンパっている時
・風呂上り
・就寝前

これらって、ほとんど「気持ち(頭)を切り替えたい時」だと思うんです。要は、何か次の行動を起こす前のスイッチとしてタバコを吸っているんですよね。

自分も経験者なので、気持ちの切り替えや、リラックスできる感じがあるのは否定しませんし、気持ちも分かります。ただ!これタバコじゃなくてよくないですか?というか極論、深呼吸でいいと思ってます。

習慣になってしまっているので思考停止でタバコを吸っている可能性が高いです。

とはいえ、すぐ習慣を変えるのは難しい。そこで自分はタバコを吸っていたタイミングで、外の空気を吸ってボーっとする時間を設けました(タバコを1本吸うくらいの時間)。

これ、意外と馬鹿にできないんですよ?繰り返していくと、これで気持ちの切り替えができるようになります。さらに続けていくと「なんかいちいち外出るのも面倒だな」って思うようになります。そう思えたらもう勝ちです。禁煙成功です!

【結果】どのくらい禁煙できているか?

上記の方法で禁煙を開始してから、2年4カ月経過しています。

今は特にタバコを吸いたいとも思わなくなりました。むしろタバコの臭いに敏感になり、居酒屋などで自分に臭いがつくのがめちゃくちゃ嫌です。止めたらわかりますが、やはり喫煙者は臭いの感覚がマヒしています。自分が思っているより臭いますよ実際。元喫煙者が言うので信じてください!

禁煙してよかったこと

出費(支出)が減った

当たり前ですが、タバコをやめたことで純粋に使えるお金が増えます。タバコはよく「金に火をつけて燃やしているようなもの」といった表現をされますが、まさにその通りです!

ざっくりですが、1箱400~500円が相場ですよね。自分は当時、2日で1箱くらいのペースで吸っていました。1箱500円とした場合、1年間のタバコ代は次のとおりです。

【2日に1箱ペースの場合の費用】

・1年間のタバコ購入回数(箱):
→365日÷2=182.5回(箱)

・1年間のタバコ代:
→182.5(箱)×500円=91,250円

・10年間のタバコ代:
→91,250円×10年=912,500円

ちなみに一緒にコーヒー(100円)を買った場合は以下

・1年間のタバコ代+コーヒー代:
→182.5(箱)×600円=10,9500円

・10年間のタバコ代+コーヒー代:
→10,9500円×10年=1,095,000円

チル
チル
いや、ぜんぜん笑えないって…100万って…w

今すぐ過去の自分の所へ行き、ぶん殴ってやりたいです!そして教えてやりたい、「お前は10年かけて100万円を燃やすことになる!!」と。

毎年10万円を燃やしてるくせに、給料が上がらないとほざいていた当時の自分は、なんて愚かだったのでしょう…(ため息)。100万円あったら旅行や買い物、結構いろんなことができますよね…(ちくしょう!)。

おそらく皆さんも1度は計算したことがあると思いますが、この機会に改めて今まで使ってきたタバコ代を計算してみてはいかがでしょう?それをメモに書いて見える所に貼っておくだけでも効果ありそうですね(笑)

朝の目覚めがよくなった

禁煙して起こる変化は、人により様々だと思います。自分は朝起きるのが苦手なんですが、禁煙に成功してから朝目覚めた時の倦怠感がなくなりました。もちろん多少眠気はありますが、体のダルさが無くなりスッキリ目覚められるようになりました。昔より確実に朝起きるのが楽です!

チル
チル
思わぬ変化で嬉しい

まとめ

【 ポイント 】

・気張らずに禁煙をスタートする
・禁煙しやすい環境に身を置く
・代替品を使う
・すぐニコチン切れに結び付けない
・習慣であること自覚する
・お金の無駄であることを再認識する

自分の経験から禁煙するコツをお伝えしました。結論、禁煙できるかできないかは環境と意識の問題だと思っています。考え方を少し変えるだけで禁煙の成功率は大きく変わってくるのではないでしょうか。

あと、大事なことなので再度お伝えしますが、本当にお金がもったいない!個人的にも非常に後悔しています。健康を害してお金を消費するくらいなら、そのお金を自分に投資したほうがいいと思います!

この記事を読んだ方全員に効果が出る保証はありませんが、一人でも多くの方が禁煙成功できれば嬉しいです!

ちなみに自分がタバコをやめてから、それを友人に伝えたところ、彼も割とすぐにタバコをやめました。きっとそんなもんなんですよ、禁煙なんて。ちょろいちょろい。
あなたも思っているより簡単に禁煙できちゃうかもしれませんよ??

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です