推し!

【映画“JOKER(ジョーカー)”】病みカッコイイ!!これはドキュメンタリーだ!!!

【映画“JOKER(ジョーカー)”】病みカッコイイ!!これはドキュメンタリーだ!!!


チルアウトブログへようこそ。チルです。

予告を観てからずっと気になっていた映画JOKER(ジョーカー)を観に行ってきました。

いやーカッコよかった!👏👏👏

専門家でもなんでもないですが、久しぶりに人にオススメしたい映画を観たなと思ったので、感じたことを書いていきたいと思います。皆さんにも実際に観て感じてほしいし、すでにネット上にあらすじや作品の詳細はあがっているので、具体的なストーリーは極力省きます。

まぁ大枠だけざっくりいうと

「人生に疲れ、精神を病んだ男が、衝動に任せクレイジーになる映画」です。

詳しくは観てください。

最初から引き込まれる

映画のはじめのほうに、病院で主人公とカウンセラーが会話するシーンがあって、主人公がこう言うんです。

「狂っているのは僕か?それとも世間か?」

なんかこの台詞すごい頭に残ってるんですよね🤔こうバシッと頭に入ってきたというか、なんというか。そういう人結構多いんじゃないですかね?

この問いかけって作品のテーマそのもので、大事なキーワードだと思います。正直、世の中おかしいな?って思うことばっかりじゃないですか。平気で人のことを見下したり、馬鹿にしたり、何かにつけて善か悪か決めつけようとしたり、SNSにはキラキラした投稿ばかりだったり、ラジバンダリ。

この時点で、観ているほうはどこか他人事じゃないなって思い始めて、無意識のうちに引き込まれていくのでしょう。

病みカッコイイ

基本的には終始暗いです。だって主人公のやること成すこと、まったく上手くいかないですもん…悲しいくらいに…。

そこで、ある時ついに彼の内に秘めた何かが爆発し、そこから徐々に狂気的になっていきます。そして終盤、いわゆるジョーカーの姿で颯爽と歩く瞬間がカッコイイ!とにかくカッコE!いやEどころでなく、カッコZ!

このカッコ良さって今までありましたか?

そうです、ないんです。

ということで、「病んでる奴×カッコイイ」というこの新ジャンルを「病みカッコイイ」と名付けることにします。まさに悪役だからこそ出せるカッコよさですね。男ごころをくすぐられます。

もはやドキュメンタリー作品

先程書いたように、どこか他人事に思えないこのリアルさ、なんともいえない暗さ、そして悲しさや切なさ、でもついつい観てしまうこの感覚。これ何かに似てるなーと思って考えたんですが、完全に何かわかりました(確信)。

ザ・ノンフィクションです!

深夜とか土日の昼間とかにやってる、ついつい観ちゃうフジテレビのアレです。

JOKER=ザ・ノンフィクションだったんです!

JOKERはフィクションですが、そのリアルさときたらもはやドキュメンタリーなわけです。きっと題名をつけるとしらこんな感じでしょうか。

ザ・ノンフィクション ゴッサムに笑顔を ~病を抱えたピエロの挑戦~

もちろんラストは「生きて~♪」って音楽が流れます(笑)

何が言いたいかというと、平凡な男のドキュメンタリーの結末がたまたまジョーカ誕生だった、くらいの感覚になったということです。それくらいリアルで、現実にあってもおかしくないようなストーリーでした。

ゴッサム・シティはある

イギリスのノッティンガムシャー地方に実在する「Gotham(ゴータム/ゴッサム)」という村がゴッサム・シティの名前の由来らしいです。が、そんなことを伝えたいわけではないんです。

劇中のゴッサム・シティは、市の衛生局のストライキで街中にゴミが溢れ、ネズミたちがゴッサムしている環境です。貧富の差も激しい。主人公のある行動をきっかけに、貧困層のデモが起こり街は次第に荒れ、ラストでは完全に世紀末みたいになっちゃいます。(海は枯れ、地は裂け、全ての生物が死滅するまではいきません)

でもこれって実際に世界中で起こっていることですよね。衛生局のストライキも、デモも。

そういう意味で、ゴッサム・シティはある(存在してる)と言いたかったわけです。

最後に

この話はバットマンのヒールであるジョーカー誕生の物語ですが、現実に起こりえるものであり、普通の人が突然クレイジーになってしまう可能性は大いにあるということ。自分も、この記事を読んでいるあなたも、状況や環境次第では別人になりえるということです。

そう、

きっとあなたの中にもジョーカーが潜んでいるはずです

※この最後の台詞をどうしても書きたいという自分の中のジョーカー(衝動)を抑えることができませんでした。どんなに寒いと思われようと、この最後の台詞は書こうと決めていました。というか、この台詞を書く為に記事を書いたといっても過言ではありません。

あと、主人公がマジでずっっっとタバコ吸っているので、禁煙中の方にだけはオススメできません!!

VITAFUL(ビタフル) | Chillout Blog
【VITAFUL(ビタフル)】とは?禁煙できる電子たばこ? 更新日:2020年2月3日 公開日:2019年9月24日 VITAFUL(ビタフル)は国内製造の有害物質フリーな電子たば...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です